急性弛緩性麻痺の届出について(全数把握対象です)

2018年5月1日より、急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)は、全数把握対象疾患になります。

全ての医療機関の、全ての医師から、急性弛緩性麻痺と診断された場合には、届出が必要です。

急性弛緩性麻痺と診断された場合には、管轄の保健所に届け出ていただきますようお願いいたします。

◆厚生労働省 届出基準 《急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)》

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-180413.html

◆急性弛緩性麻痺を認める疾患のサーベイランス・診断・検査・治療に関する手引き

https://www.niid.go.jp/niid/images/idsc/disease/AFP/AFP-guide.pdf

最新週報(pdf版)は「感染症情報センター週報」ページからダウンロードできます。

最新の奈良県感染症情報 (感染症情報センター)

 詳しくは週報をご覧下さい

❖定点把握感染症報告状況(定点当たりの患者報告数の上位5疾患)❖
◆平成30年 第23週◆

順位 疾患名 奈良県
定点当たり (前週)
1 感染性胃腸炎 7.47 (9.59)
2 A群溶連菌咽頭炎 2.82 (2.50)
3 咽頭結膜熱 0.88 (0.76)
4 突発性発しん 0.65 (0.35)
5 手足口病 0.32 (0.21)

発生状況

:

大流行

流行

やや流行

少し流行

散発

(疾患毎に、基準値を定めています。)

❖県内概況❖

感染性胃腸炎は減少しましたが、例年より高いレベルで推移しています。

A群溶連菌咽頭炎は、中和保健所管内西部地域(旧葛城保健所管内)で多くなっています。25歳の報告が多いです。抗菌薬により治療が可能ですので、医師の指示を守りましょう。手洗い、うがいなどの一般的な予防を励行することが大切です。

子どもの夏かぜのひとつである咽頭結膜熱や手足口病の報告が増えています。咽頭結膜熱は、プールの水を介して目の結膜から感染することもあるため、プール熱とも呼ばれます。発熱、のどの痛みや結膜充血が起こります。咽頭結膜熱も手足口病もウイルスが原因とされます。治った後もしばらくは便中にウイルスが排泄されるため、トイレの後やおむつ交換後は、しっかりと手洗いをしてください。また、タオル・おもちゃ等の共有は避けるようにしましょう。

警報・注意報等について

  

2017/2018年のインフルエンザ

2017年から2018年のインフルエンザ
  

お問い合わせ

奈良県感染症情報センター  (奈良県保健研究センター内)

〒633-0062 桜井市粟殿1000
電話番号 0744-47-3183