お焼きづくり(御所市葛城保育所)

テーマ おやき作り
ねらい  
 育てたかぼちゃで、おやき作りを友だちと楽しんでクッキングする。
 
現状把握 実施の背景  
 自分たちで育てた夏野菜だったので、友だちと楽しんでかぼちゃを使って
 のクッキング「おやき」作りができた。
 
実施 対象者  0,1,2,3,4,5歳児 (65名)
場所  職員室、5歳児保育室
スタッフ・関係者  各クラスの担任、所長、主任、家庭支援 (12名)
内容・方法  おやき作りをする
      (準備物・・・かぼちゃ、砂糖、かたくり粉、塩)
 1) かぼちゃの皮をむいて適当な大きさに切る。
 2) レンジでチンをして柔らかくする。
 3) かぼちゃをつぶして砂糖と塩を少し入れて混ぜる。
 4) かたくり粉を混ぜて平たい団子にする。
 5) ホットプレートで焼き色がつくまで焼く。
活用した媒体等  乳幼児たちも畑に野菜を見に行ったり、水やりを手伝ったりしていた
 ので、かぼちゃに少し関心があったみたいである。また、幼児たちは
 水をやったり、暑い夏も雑草を保育者と一緒に引いたりしていたので、
 クッキング中「わぁ~おだんごできた、おいしそう」など、話しながら楽
 しくクッキングができた。
 
評価 結果及び考察  0,1,2歳児はかぼちゃのつぶしたものを指で感触を味わった。
 3,4,5歳児はかぼちゃをつぶしたり、団子に丸めたり楽しそうに友だち
 同士クッキング作りができた。毎月発行している食育づくりにレシピをの
 せると「家でも作ったら、簡単でおいしかった」と連絡をもらった。
 かぼちゃの苦手な子どもも喜んで「おやき」を食べた。
今後の課題  今後も全園児が取り組めるクッキングや、家庭で利用できる献立を考え
 ていきたい。
 

料理名 おやき








材料 分量
(1人分)
   

かぼちゃ 60g  

砂糖 9g  

かたくり粉 3g  

少々  



 



 



 



 



 



 
作り方
       
(1) かぼちゃの皮をむいて適当な大きさに切る。
(2) レンジで調理をして柔らかくする。
(3) かぼちゃをつぶして砂糖と塩を少し入れて混ぜる。
(4) かたくり粉を混ぜて平たい団子にする。
(5) ホットプレートで焼き色がつくまで焼く。
(6)
(7)



       
ワンポイント
       

             
栄養価(1人分)





エネルギー たんぱく質 脂肪 カルシウム レチノール当量

(kcal) (g) (g) (mg) (mg) (μgRE)

74 1.0 0.1 12 0.3 72

ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 塩分 食物繊維

(mg) (mg) (mg) (g) (g)

0.04 0.04 10 1.0 1.7
  保育人材バンク