奈良のむかしばなし

奈良のむかしばなしって?

奈良のむかしばなしは、奈良に古くから伝わるむかしばなしをご紹介するコーナーです。 

第52話 故郷恋しと泣いたつり鐘

奈良のむかしばなし52話ロゴ画像 タイトルロゴ画像うなされる和尚さんの画像
 奈良県の北西にある大和高田市。
 市のほぼ中央を、古代の官道(国道)横大路が東西に走る。今の国道166号。桜井市から當麻(たいま)へ。さらに竹内街道へと続き、難波(なにわ)へ至る。
 その横大路に面して戦国時代、高田城が築かれた。江戸時代、この道は伊勢街道として、伊勢神宮をめざす「おかげ参り」の人たちで賑わった。
 今回は、そんな大和高田市にある不動院(大日堂)に伝わる鐘のお話。

 昔、ある秋のこと。米が不作で年貢米が納められないとお百姓さんたちが困っていた。大日堂の和尚さんは、
「仕方がない。お寺の鐘を売りなされ。これは、皆さんのご先祖さまが寄進されたもの。子孫の難儀が助かるなら、ご納得くださるやろ。」
 つり鐘は、郡山のお寺に売られた。だが、鐘はもとのお寺が恋しいと、毎晩「うわん、うわん」と泣いた。
 困った住職は、道具屋に相談した。そして今度は山城の国(京都)のお寺に買われていった。ここでも鐘は住職の夢枕に立ち、「ふるさとの大和の高田が見えん。もっと高いところがええ」とまた泣いた。
 檀家たちが集まって相談した。
「つり鐘に彫られた銘文の文字を削り取ってはどうか。銘文には村人たちの魂がこもっているに違いない」。
 さっそく職人が呼ばれ、文字が削られた。すると、なんと不思議や、その日から、つり鐘は泣くこともわめくこともなく、よい音色を村中に響かせたという。

 本堂の外陣(げじん)に入ると、磨き込まれた広い板の間。奥が、内陣(ないじん)。ご本尊の大日如来像は鎌倉時代の秀作だ。
 市街地の中にありながら、これほど落ち着いた静かな空間があったことに驚かされる。故郷を恋しがったつり鐘の鐘楼(しょうろう)は、かつてこの本堂の西南にあったということだ。

不動院(大日堂)

不動院(大日堂)の画像
 本堂は、連子窓(れんじまど)に桟唐戸(さんからと)など中世の建築様式による簡素で落ち着いた建物。棟木の銘から、文明15年(1483)、高田城主 當麻(とうま)為長の建立と分かる。国の重要文化財。

桜まつり

桜まつりの画像
 大和高田市の高田川沿いの南北2.5キロにわたり桜並木が続く。毎年、3月末から4月上旬には見ごろを迎え、川沿いの大中公園を中心に桜まつりが開催される。

物語の場所を訪れよう

不動院への地図画像

不動院(大和高田市本郷町)へは
  • JR和歌山線高田駅から南へ約400m
  • 近鉄大阪線大和高田駅から南へ約800m
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ジチタイアド(TEL:092-716-1401)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
デジタル広報制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら