建物写真
奈良県北東部の大和高原と吉野川沿いの地域で生産されている大和茶の生産振興を図るため、明治45年に奈良県農事試験場茶業部として発足、昭和37年に奈良市矢田原町に移転し現在に至っています。本県の地域特性に応じた研究開発と生産現場での技術指導、担い手養成、大和茶の消費啓発活動等の業務を行っています。

アクセス方法

 圃場

JR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バスで約30分
  奈良市都祁(つげ)交流センター行き(系統番号120)
  下水間(しもみま)行き(122)
  北野行き(124)
 のいずれかで茶業分場前下車すぐ
           → 奈良交通バス案内システム
     
車でお越しの場合   → グーグルマップ

 



奈良県農業研究開発センター大和茶研究センター
〒630-2166 奈良市矢田原町乙470-1
t e l :0742-81-0019
 f a x :0742-81-0652