果樹振興センターを空から見たら柿博物館


果樹・薬草研究センターは、約2000haの広大な果樹産地の中心に位置し、
果樹および薬用作物の栽培について研究している施設です。
また、柿の資料や加工品を展示している柿博物館もあります。

 

 
 
新着情報


果樹・薬草研究センター開放デー

平成27年11月23日(月・祝
*労感謝の日
9時から16時
★☆チラシはこちら(pdf 558kb)☆★

体験型イベントを通じてセンターの取組を紹介します。

[終   日] 果樹・薬草研究センターの研究紹介
[終   日] 薬草「ヤマトトウキ」栽培展示コーナー 
[ 9:30~15:30] 柿狩り体験
(*有料 5個400円、1人10個まで なくなり次第終了)
[11:00~11:30] 柿の剪定講習会

*昨年度まで実施しておりました「果物づくりなんでも相談コーナー」「干し柿講習会」は、組織改編に伴う人員減により本年度は実施いたしませんので、あらかじめご了承願います。 

*当日朝7時の時点で、奈良県五條・北部吉野地域に気象警報が発令された場合は、中止とさせていただきます。

ご来場をお待ちしております。

 
  報道資料(2015年11月4日発表)

 

 

柿博物館柿博物館

 

柿博物館、本日20万人を迎えました
 
ありがとうございました.

2010年11月16日
20万人記念