奈良養生訓

 



 最近、国立循環器病研究センターが提案した「減塩食レシピ」が本になりヒットするなど、「減塩」が注目されています。塩分の多い食べ物の摂りすぎは高血圧につながり、心臓病や脳卒中などの発症率を高めます。塩分摂取量の一日の目安量は、男性で9g未満、女性で7.5g未満とされていますが、県民の一日の平均は、男性が11.6g、女性が10.1g(H23)と目安量を3gほど上回っています。毎日の食事の塩分を計り「適量」以下にすることは理想的ですが、ここでは、よりわかりやすい目安「摂りすぎている3g」の減塩をおすすめします。



毎日使う調味料の塩分を比較してみました。調味料の減塩で一番簡単なのは、減塩タイプ(塩分は約半分)に替えることですが、たとえば、しょうゆの替わりに、だしわりしょうゆやぽん酢にする、既製のドレッシングに替え、オイル、レモン、こしょうで味付けするなど、いろいろ試してみましょう。

問 県健康づくり推進課 ☎ 0742-27-8682 FAX 0742-22-5510



<  前回(2013.6月号vol.37)へ
     次回(2013.8月号vol.39)へ  >


※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら