県政HOTニュース

 


県政HOTニュース
あらい日誌

ソチ冬季オリンピック 銅メダル
平岡選手に 奈良県スポーツ 特別功労賞

銅メダルを胸に受賞される平岡選手(中央)とお父さんの賢治さん(左)
知事室で対談するようす

 2月26日、県庁でソチ冬季オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得した平岡 卓(たく)選手に、荒井正吾奈良県知事より「奈良県スポーツ特別功労賞」が授与されました。
 この賞は、オリンピック競技大会やパラリンピック競技大会等で優れた成績を挙げ、本県スポーツの向上と振興に関し特に功績顕著であり、県民に希望と感動を与えた方に、その栄誉をたたえて贈られるものです。

 おめでとうございます。その若さで、勝負度胸というかメンタルの強さに感心しました。競技にもびっくりしました。ダブルコークとはどうするのですか?

 まず斜めに回転をし、縦に2回、横に3回回転します。

 難易度がとても高い技ですが軽々とされていた。失敗すると痛いでしょう。

 痛いです。練習で失敗することも・・・。

 今回、(同種目で)メダルを獲った他の選手は雪国出身です。唯一、雪のない奈良県でメダルを獲ったことに、がんばったと褒めてあげたいです。

 雪国で恵まれた選手に比べて、練習に行くにもハンディがあったのに。

 岐阜県の郡上(ぐじょう)にハーフパイプの練習場があったので、毎週連れて行ってました。

 大変だったですね。平岡選手は、その期待によく応えて練習を重ねてこられたのは、すごいと思います。ご家庭の努力もあって立派なアスリートになられて、また奈良県のお生まれで光栄です。

■平岡 卓選手プロフィール
平成7年10月29日生まれ 18歳
奈良県御所市在住。今年3月上宮高校卒業。8歳でスノーボードを始め、翌年JSBA西日本選手権優勝。12歳で史上最年少でプロ昇格。14歳でFISジュニア世界選手権優勝。同年、国際競技大会優秀者表彰授賞。現在に至るまで国内外各種大会で優勝10回以上、その他優秀な成績を挙げる。

問 県スポーツ振興課
tel 0742-27-9863
fax 0742-23-7105


「唱(とな)えて」、「聞いて」、「見て」
第1回古事記朗唱大会
 2月22日、県が取り組んでいる「記紀・万葉プロジェクト」のシンボルイベントとして、自分の好きな「古事記」の一節を声に出し、五感で「古事記」を感じる第1回古事記朗唱大会が、県新公会堂(奈良市)で開かれました。
 荒井知事が「古事記は、読むより聞いた方がわかりやすい。この大会で、より古事記を楽しんでいただきたい」と挨拶した後、多(おお)神社宮司の多(おお)忠記(ただふみ)さんがオープニング朗唱で、「古事記」の序文を朗唱し、記念すべき大会が始まりました。
 第2部では、県内外から一般参加した36組による朗唱が行われました。華やかな天平衣装に身を包んだ朗唱者が、それぞれに趣向を凝らし、音楽や踊りなどを取り入れたパフォーマンスで「古事記」を表現し、会場を沸かせました。
 最後に、賣太(めた)神社宮司の藤本保文(やすふみ)さんと賣太神社古事記輪読会有志、会場の皆さんで、フィナーレ朗唱を行い、古事記朗唱大会を締めくくりました。

西大和保育園のみなさんによる音読

倭建命になりきっての朗唱
フィナーレ朗唱
問 県ならの魅力創造課
tel 0742-27-8975
fax 0742-27-7744


新しい時代を拓(ひら)くアイデア!
ビジコン奈良2014決勝大会
 2月15日、東大寺総合文化センター(奈良市)で「ビジコン奈良2014」決勝大会が開かれました。
 県では、潜在的な起業家の掘り起こしと県内での起業に向けたきっかけをつくり、奈良から全国、世界へ発信できる企業を創ることを目指した、ビジネスプランコンテストを実施しています。
 第3回目となる今回は、ジャンルを問わない「ベンチャー部門」、県の地域資源を活用した「まほろば部門」、応募者が22歳以下の「Under(アンダー)22部門」に加え、新たに奈良県産木材を活用した魅力ある店舗のプランを競う「お店づくり部門」の4部門で、最終選考に勝ち残った12組が頂点を目指し、プランを発表しました。
 審査の結果、「イマジネーションに働きかける空間と商品の提供」をテーマに、店の天井や商品棚に吉野杉をふんだんに使った店舗で吉野山エリアの活性化を目指すプランを発表した吉野町の辻村佳則(よしのり)さんが、最優秀賞の知事賞を受賞されました。
知事賞受賞の辻村さん
表彰式記念撮影のようす
問 県産業振興総合センター
tel 0742-33-0817
fax 0742-34-6705


「障害者はたらく応援団なら」を設立
 2月25日、春日野荘(奈良市)で「障害者はたらく応援団なら」の設立総会が開かれました。
 この応援団は、障害のある人の就労に積極的に取り組む企業等を登録し、障害のある人のニーズに応じた職場実習の受入拡大や、職場定着の支援などを強化することを目的としています。昨年6月に奈良労働局との間で締結した奈良県雇用対策協定に基づく取組の一つとして、奈良労働局と共同で運営します。
 総会では、20社に登録証が交付された後、奈良県は障害者雇用率が全国3位で、障害者雇用に熱心な企業が多いことや、障害者雇用の具体的な取組が紹介されました。今後も県内外の企業等へ登録を呼びかけ、官民一体となって障害のある人の就労を支援します。

登録証の交付

障害者雇用の取組紹介
問 県障害福祉課
tel 0742-27-8514
fax 0742-22-1814



<  前回へ
          次回へ  >

※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設などにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら