熊野川上流域 減災対策協議会

熊野川上流部の総合的な減災対策協議会 第3回協議会について

 平成27年9月の関東・東北豪雨、平成28年8月の北海道・東北豪雨、平成26年8月の広島土砂災害等の各地で発生した災害、並びに平成23年9月の紀伊半島大水害の教訓を踏まえ、局所的大雨や集中豪雨等に伴う大規模な浸水被害や土砂災害に備え、国、県、市村が連携・協力して、減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に推進するため、平成30年7月11日に「熊野川上流部の総合的な減災対策協議会」を設立し、第3回協議会を下記のとおり開催しました。

1.日時 令和元年7月30日(火曜日)

     15時~

2.場所 五條市上野公園総合体育館 1F 研修室
     (五條市上野町246番地/TEL0747-24-2610)

3.内容 熊野川上流域における大規模な浸水被害や土砂災害に備え、各構成員が、それぞれ又は連携して取り組む事項について協議を行いました。

4.協議結果

    熊野川上流部の総合的な減災に係る取組方針(案)について承認。

5.構成員

 五條市長、天川村長、野迫川村長、

 十津川村長、下北山村長、上北山村長、

 奈良地方気象台長、

 近畿地方整備局紀の川ダム統合管理事務所長、
 近畿地方整備局紀伊山系砂防事務所長、

 奈良県県土マネジメント部長、
 奈良県吉野土木事務所長、

 奈良県五條土木事務所長

配付資料

議事次第

出席者名簿

・資料1-1 これまでの経緯

・資料1-2 熊野川上流部の総合的な減災に係る取組方針(案)

・資料1-2(説明資料) 実施する取組内容(案)(1) (2)

・資料2 緊急行動計画の改定について

・資料3 協議会規約及び取組方針の改定イメージ

・資料4 土砂災害に関する最近の話題について(1) (2)

・資料5 今後のスケジュールについて

熊野川上流部の総合的な減災対策協議会 第2回協議会について

 平成27年9月の関東・東北豪雨、平成28年8月の北海道・東北豪雨、平成26年8月の広島土砂災害等の各地で発生した災害、並びに平成23年9月の紀伊半島大水害の教訓を踏まえ、局所的大雨や集中豪雨等に伴う大規模な浸水被害や土砂災害に備え、国、県、市村が連携・協力して、減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に推進するため、平成30年7月11日に「熊野川上流部の総合的な減災対策協議会」を設立し、第2回協議会を下記のとおり開催しました。

1.日時 平成30年12月25日(火曜日)
     15時00分~

2.場所 五條市上野公園 総合体育館1階 研修室

3.内容

 平成 33 年度までに、円滑かつ迅速な避難、的確な水防活動等、土砂災害時の減災対策として各構成機関が計画的・一体的に取り組む事項をとりまとめた「熊野川上流部の総合的な減災に係る取組方針」(以下「取組方針」という。)について意見交換を行いました。

 今回の協議会では、平成23年に発生した紀伊半島大水害が本地域の防災活動における根幹を成す出来事であるから取組方針の序文に記載すること、また今年9月に発生した台風による停電を教訓に電気・通信事業者を本協議会への参画を促すことの意見があげられました。

4.構成員
 五條市長、天川村長、十津川村長、
 野迫川村長、下北山村長、上北山村長、
 奈良地方気象台長、
 近畿地方整備局紀の川ダム統合管理事務所長、
 近畿地方整備局紀伊山系砂防事務所長、
 奈良県県土マネジメント部長、
 奈良県吉野土木事務所長、
 奈良県五條土木事務所長

5.配布資料

 ・議事次第

 ・出席者名簿

 ・資料1 熊野川上流部の総合的な減災に係る取組方針(案)

 ・参考資料1 実施する取組内容(案)

 ・資料2-1 幹事会等の報告について

 ・資料2-2 今後の減災対策協議会及び幹事会の開催スケジュール予定

 ・資料2-3 市町村避難勧告等発令基準の見直しについて

 ・資料3 熊野川上流部の総合的な減災対策協議会規約

 熊野川上流部の総合的な減災対策協議会 第1回協議会について

 平成27年9月の関東・東北豪雨、平成28年8月の北海道・東北豪雨並びに平成26年8月の広島土砂災害等の教訓を踏まえ、局所的大雨や集中豪雨等に伴う大規模な浸水被害や土砂災害に備え、国、県、市村が連携・協力して、減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に推進するため「熊野川上流の総合的な減災対策協議会(案)」を設立し、第1回協議会を下記のとおり開催しました。

1.日時 平成30年7月11日(水曜日)

     10時30分~

2.場所 五條市牧野公民館 1F 大会議室
     (五條市中之町1764-1

     /TEL0747-24-3175)

3.内容 

 平成29年の水防法等の一部改正により、「大規模減災対策協議会」制度が創設されたことを踏まえて、本協議会は県内の熊野川流域における県管理河川・砂防を対象とし、減災対策協議会設立の趣旨、協議会規約や協議会としての減災のための取組目標について協議を行いました。また、今後具体的な取組項目や目標時期を策定するにあたり、減災に対する現状の課題等について意見交換を行いました。

4.協議結果

 下記について承認。

 県管理区間における減災対策協議会の設立について

 減災対策協議会規約(案)について

 今後の減災のための目標(案)について      

 今後の減災対策協議会および幹事会の開催スケジュール予定

5.構成員

 五條市長、天川村長、十津川村長、

 野迫川村長、下北山村長、上北山村長、

 奈良地方気象台長、

 近畿地方整備局紀の川ダム統合管理事務所長、
 近畿地方整備局紀伊山系砂防事務所長、

 奈良県県土マネジメント部長、
 奈良県吉野土木事務所長、

 奈良県五條土木事務所長 

配布資料:

議事次第

出席者名簿

県管理区間における減災対策協議会の設立について

協議会規約(案)

今後の減災のための取組目標(案)

今後のスケジュール予定