消費税軽減税率説明会 開催概要

 下記のとおり消費税軽減税率説明会を開催しました。

 ご出席ありがとうございました。

日時

 平成30年10月23日(火曜日) 14時00分~15時20分

場所

 奈良県産業振興総合センター イベントホール

対象者

 県内の中小企業・小規模事業者 等

講師

 (1)軽減税率制度の概要について    … 奈良税務署審理専門官

 (2)軽減税率対策補助金制度について  … 中小企業診断士

1 軽減税率制度の概要について

実施時期

 平成31年10月1日(消費税引き上げと同時)

税率

 標準税率10%、軽減税率8%

軽減税率の対象品目

 飲食料品(酒類、外食、ケータリング等除く)
 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

範囲

              図の出展:よくわかる消費税軽減税率制度(パンフレット)(国税庁)

区分記載請求書等保存方式(平成31年10月1日~平成35年9月30日)

  軽減税率の対象品目の売上げや仕入れ(経費)がある事業者の方は、これまでの記載事項に税率

 ごとの区分を追加した請求書等(区分記載請求書等)の発行や記帳などの経理(区分経理)を行っ

 ていただくことになります。

帳簿

請求書

                      図の出展:消費税軽減税率制度の手引き(国税庁)

適格請求書等保存方式(インボイス制度)(平成35年10月1日~)

  平成35年10月1日以降は、区分記載請求書等の保存に代えて、「適格請求書」等の保存が仕入税

 額控除の要件となります。適格請求書を交付できるのは、適格請求書発行事業者に限られます。

  ○詳細な内容については、国税局のリーフレットを参考にして下さい。→こちらをクリック

2 軽減税率対策補助金制度について

  軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方には、複数税率対

 応レジの導入や、受発注システムの改修を行う際に、その経費の一部を補助する「軽減税率対策補

 助金」の制度があります。

A型(複数税率対応レジの導入等支援)

  レジを使用して日頃から軽減税率対象商品を販売している事業者が、複数税率に対応するための

 レジの新規導入や、既存のレジの改修を支援します。

B型(受発注システムの改修等支援)

  電子的な受発注システム(EDI/EOS等)を利用して軽減税率対象商品を取引している事業者が、

 複数税率に対応するために必要となる機能の改修・入替えを支援します。

  ○詳細な内容については、中小企業庁のホームページを参考にして下さい。→こちらをクリック