「駅前商店街空き店舗活用事業」業務委託について

「駅前商店街空き店舗活用事業」業務委託について

 

 

 商店街は、地域の買い物の場としての役割など重要な機能を有しています。しかし、近年、店主の高齢化、後継者の不在、空き店舗の増加、集客力低下など様々な課題が見られます。

この事業では、このような課題解決のために、空き店舗を活用した継続可能な事業プランを公募し、選ばれた事業プランは県と委託契約を結び、実際に実施していただきます。

民間事業者の持つアイデアやノウハウを活用し、空き店舗を活用した商店街活性化につながる実証実験の取組をモデルプランとすることで、そのプロセスを広く他の商店街に波及させることを目指します。

 

★概要はこちら→概要書

 

 

第2回募集 事業者選定結果について

令和3年8月30日

 

プロポーザル選定結果

 事 業 名:駅前商店街空き店舗活用事業業務委託

 受託事業者:住み直し企画室

 

 審査結果(応募1社)

           R3順位表

 

 

第1回募集 結果

応募はありませんでした。

 

 

問い合わせ先

奈良県産業・観光・雇用振興部 奈良県産業振興総合センター 商業・サービス産業課

TEL:0742-31-9084

FAX:0742-34-6705

 

これまでの取り組み事例

 

★取り組み事例の詳細はこちら

 

令和元年度実施事業

 

事業実施事業者:特定非営利活動法人(NPO KYOBATE)

事業実施地域:京終地区

事業期間:令和元年9月24日~令和2年3月19日

 

 

実施事業内容

JR京終駅周辺エリアにて、新しく店舗を開店しやすい環境を整えることで、

人々が集まり、まちに賑わいを創出するきっかけを作ることを目的とし、下記の3つを実施した。

 

①地域調査の実施

定量分析・定性分析から京終地区の状況・魅力を確認し、これから店舗をつくる際にどのようなことを

考えていけばよいかを検討する材料とした。

 

②勉強会の開催

出店希望者に対し「お店づくり、まちづくり、ブランドづくり」を学べる場を提供することを目的として

勉強会を2回実施した。

 

③実験店舗の整備

誰もが実験的に店舗を持てる機会を創出することで、出店へのハードルを下げることを狙いとして、

駅の近くにある空き店舗を借りて、出店希望者が1日から店舗を開けることができる「実験店舗」を整備した。

 

 

事業の成果・特徴

空き店舗の所有者とのコミュニケーションをとり、

店や地域についての勉強会の開催、空き店舗の整備、実験店舗の実践において、

NPO KYOBATEのメンバーが労を厭わず、丁寧に事業を進めたことで、

空き店舗の所有者や地域との関係性を築くことに繋がっていた。

空き店舗を整備した実験店舗をすぐに貸し出し運用するのでなく、出店希望者に対し勉強会を開催し、

出店希望者に出店への心構えや事業を行うことに対する前向きな発想を醸成するサポートを行うことで、

出店希望者の出店へのハードルを下げることと、より魅力的な店舗の創出に繋げる仕組みとなっていた。

 

 

令和2年度実施事業

 

事業実施事業者:特定非営利活動法人(NPO KYOBATE)

事業実施地域:京終地区

事業期間:令和2年9月1日~令和3月3月19日

 

 

実施事業内容

JR京終駅周辺エリアにて、新しい店舗を開業しやすい環境を整えることで

まちに賑わいを創出するきっかけを作るという目的のもと取組を始めており、取組の進化を目指し、以下の事業を実施した。

 

「お店づくりスクール」の実施を柱とし、地域調査、空き店舗整備の更なる改良・展開の実施、

お店づくりスクール参加者による実験店舗運営を実施した。

 

①地域調査

出店希望者に向けての情報として「地域にどのようなお店が必要とされているか」を調査し、昨年度調査した内容と合わせ、資料としてまとめた。

 

②実験店舗の整備

ニーズがある飲食店営業に対応できるよう整備を行った。

 

③お店づくりスクールの開催

「何をするのか、ではなく、なぜするのか」という考えを大切に、

実際に店舗の運営や事業を行っている方をアドバイザーとして迎え、出店希望者に対し、スクールを実施した。

 

④実験店舗の運営

お店づくりスクールにて各チーム作成した事業計画をもとに、空き店舗で2つの実験店舗をオープンした。

準備から広報、当日の運営までをスクール参加者が行い、店舗運営について実践的に学んでもらった。

 

 

事業の成果・特徴

店や地域についての勉強会の開催、空き店舗の整備、実験店舗の実施、勉強会参加者へのサポートにおいて、

NPO KYOBATEのメンバーが労を厭わず、丁寧に事業を進めたことで、

昨年度に築いた空き店舗の所有者や地域との信頼関係をより深めることに繋がっていた。

出店希望者に対し「お店づくりスクール」を開催し、

一から事業計画を作成し、作成した事業計画をもとに実験店舗で期間限定出店をしてみることで、

実際の店舗運営を具体的に体験することができ、本格的な実践的の場を創出する仕組みとなっていた。