伐採及び伐採後の造林の届出等の制度について

一覧にもどる

森林の伐採には届け出が必要です!


伐採及び伐採後の造林の届出等の制度とは・・・

 

(1)森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。

(2)伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。

(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

 

 

届出の対象となる森林とは・・・

 

届出の対象となる森林は、県知事が定める地域森林計画の対象森林です。
ただし、保安林及び保安施設地区内の森林に該当する場合、本制度の届出は不要となり、別途手続きを踏む必要があります。                                   
                           詳しくはコチラをご覧下さい!(保安林制度について)                


※ 地域森林計画の対象森林の確認について
→ 県庁 林業振興課及び出先機関(農林振興事務所)にてご確認頂けます。

  ただし、 図面の写し等の資料をご希望される場合は、県庁又は出先機関(農林振興事務所)にお問い合わせ下さい。

 

 

だれが届出を行うのか・・・

 
・ 森林所有者自ら、あるいは他者に請け負わせて伐採を行う場合
森林所有者が届出

・ 伐採業者等が森林所有者から立木を買い受けて伐採を行う場合
立木を買い受けた方伐採後の造林を行う方(森林所有者)が連名で届出


届出の時期及び提出先について・・・

 

(1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を開始する日の90日前から30日前までに、伐採を行う森林がある市町村長へ提出
(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日(転用の場合は、伐採が完了した日)から30日以内に、(1)の市町村長へ提出

 


林地開発を予定される方へ・・・

 

開発行為(土石又は樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為)を伴う伐採を行う場合、

地域森林計画対象森林内

           1.0haを超える開発行為  ⇨  林地開発許可申請 
        
           1.0ha以下の開発行為   ⇨  本制度の届出※


※ 奈良県では、1.0ha以下の開発行為のうち、0.3ha以上1.0ha以下の開発行為(小規模林地開発行為)に対して、

  本制度の届出に加え、「小規模林地開発行為計画調書」の提出を求めています。

  詳しくはコチラをご覧下さい!(「林地開発許可制度」及び「小規模林地開発行為計画調書」について)


届出の様式について・・・

 

(1)伐採及び伐採後の造林の届出(林野庁HPへリンク)

伐採及び伐採後の造林の届出書様式 (ワード:20KB)
伐採及び伐採後の造林の届出書様式(記載例) (PDF:268KB)

 

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告(林野庁HPへリンク)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書様式 (ワード:43KB)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書様式(記載例) (PDF:229KB)

 

 

リンク先

 

・ 伐採及び伐採後の造林の届出等の制度(林野庁HP)

・ 市町村長がたてる「市町村森林整備計画」について(林野庁HP)