新着情報

☆PCB特別措置法の改正により、平成28年8月1日から高濃度PCB廃棄物の処分期間が平成33年3月31までに変更されました。(pdf 622KB)
PCB含有電気機器の保有に関する調査を実施しています。

☆PCB処理を適正に!

☆ポリ塩化ビフェニルが使用された蛍光灯安定器の破裂事故について(環境省通知  資料1 資料2
☆ポリ塩化ビフェニルが使用された蛍光灯安定器の分解について(環境省通知  別紙1

PCB使用安定器の掘り起こし調査にご協力ください。

 昭和52年3月以前に建てられた工場やビルには、PCB(ポリ塩化ビフェニル)を含有する安定器が取り付けられた照明器具が残っている可能性があります。
   県では、昨年度にPCB使用安定器対象の可能性がある建物に対し調査を実施しましたが、未回答の方を対象に、再度下記のとおり、掘り起こし調査を実施することとなりました。
   このことについて、「県民だより奈良(9月号)」でもお知らせしているところですが、アンケートが届いた皆様におかれましては、アンケートの回答にご協力いただきますようお願いいたします。

1 アンケート発送日: 平成30年9月下旬 順次発送
            ※アンケートは県の委託事業者から発送されます。

  ○調査票(アンケート)及び
調査票別紙(添付資料)現在準備中。

2 アンケートの回答締切: 
平成30年11月下旬

3 アンケートの回答に関する問合せ先:奈良県PCB使用安定器調査事務局 (県の委託事業者)
              ヘルプデスク(平日9時00分~17時00分)設置予定
              ※平成30年11月下旬まで開設

4 PCB使用安定器とは

    コンデンサーを内蔵する業務用・施設用蛍光灯器具の安定器のコンデンサー内の巻紙の隙間に数十g程度のPCB油が含浸されているものがあり、昭和52年3月以前に建築された建物の照明器に使用されている可能性があります。


5 その他:本件についての詳細はこちら(pdf) をご覧ください。