-治水・利水・環境-

時代 日本史 大和川 吉野川(紀の川)
治水 利水・環境 治水 利水・環境
300万年前


●古奈良湖の出現。




200万年前

●二上山麓の地すべりで、旧大和川がせき止められ、現亀の瀬付近より大阪平野へ流れ出る。

亀の瀬付近
(亀の瀬付近)


100~150
万年前


●古瀬田川を通って古奈良湖に流れ込んでいた古琵琶湖の水が、地殻変動によって淀川へと流れを変える。



2~1万年前

●二上山の山麓で、人々が生活を始める。



縄文時代
(1万年前~)

239年
邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使いを送る。




●宮の平(川上)や宮滝(吉野)などで、縄文期の遺跡が発見されており、吉野川河岸近くで人々の生活が始まったことがうかがえる。

弥生時代
(B.C.8世紀~
3世紀)


●唐古遺跡の弥生土器に、舟をあやつる人物が描かれる。
また、ハマグリやアワビなどの外洋性の貝殻も発掘され、大和川を通じて大阪湾まで漁に出ていたことがうかがえる。


宮滝遺跡
(宮滝遺跡)
古墳時代
(3世紀~)





飛鳥時代
(6~8世紀)

593年
聖徳太子が推古天皇の摂政となる。
 
645年
大化の
        改新
652年
班田
収授法

672年
壬申の乱

694年
藤原京
      遷都

●亀の瀬に集まるように流れていた大和川で、条里制に沿った河道に付け替える工事が始まる。

608年
遣隋使小野妹子を送ってきた裴世清ら一行は、難波津から舟で大和川をさかのぼり、初瀬川から海柘榴市に上陸し、飛鳥小墾田宮へと至った。

●藤原京から初瀬川、佐保川を経由して平城京造営を行う様子を詠んだ万葉集に「わが行く川の川隈の八十隈おちず」とあり、川が数多く曲がりくねっていたことがうかがえる。

●同じく万葉集に「四の船、船の舳並べ」とあり、この頃の大和川の水量の多さがうかがえる。


●記紀の神武記には「吉野川に梁をうって魚を取る人あり。誰かと問えば、阿陀の鵜飼の祖と答えた。」という記述があり、現五條市阿田付近の吉野川で、梁漁や鵜飼の漁法が行われていたことがうかがえる。

●持統天皇が計34回、「吉野宮」(宮滝付近)への行幸を行う。

奈良時代

●藤原京・平城の造営、東大寺の建立、人口増加に伴う開発など山地が荒廃し、自然河道の埋没が激しくなる。
718年
養老律令によって、治水に関する法令がでる。

●平城京朱雀大路の出口(羅城門付近)を佐保川につなげ、人や物資の流れに大和川の水運を利用する。



平安時代

794年
平安遷都

●飛鳥川、葛城川が付け替えられる。

●初瀬川が付け替えられる。(1186年以前)




鎌倉時代

1192年
源頼朝が
鎌倉幕府を開く





室町時代

1341年
足利尊氏が室町幕府を開く

●富雄川が付け替えられる。(15世紀頃)


1459年
東大寺法花堂要録に「吉野川大水風で死者350人」と記録あり。


安土・
桃山時代
1590年
豊臣秀吉の
天下統一
 

●郡山城築城により、秋篠川(大橋川)を奈良口のところで東に曲げ、佐保川に合流させる。廃川は城の外堀となる。

1600年
片桐且元が角倉与一の協力を得て、亀の瀬岩盤を開削し、上流に魚梁船(やなぶね)、下流に柏原船や剣先船が行き来するようになる。



江戸時代

1603年
徳川家康が江戸幕府を開く

1867年
大政奉還

 

●片桐氏の築城により、竜田川の付け替えを行い、ほぼ真っ直ぐ大和川に注ぐ現在の形となる。

1703年
幕府は、洪水対策のため大和川水路修治の令を発し、1704年現柏原市付近で付け替え工事が始まる。8ヶ月足らずで完成し、新大和川は現堺市付近で大阪湾に注ぐ。

●奈良盆地のため池の半数は、この頃築造される。

1707年
7月の洪水で上市村が右岸と左岸に二分される。

1631年
紀州藩から運搬用の川上舟が橋本以東(大和国)にに上がることを禁じられる。
1689年
『宇智郡五條村船之覚』によると、五條・橋本を往還する川上舟が19艘あったが、やはり帰り荷は積めなかった。
(大正初期頃まで続く。)
1691年
この年に発刊された『吉野山独案内』に、吉野川の妹背山付近で鵜飼が行われている挿絵が紹介されている。
●上流部は川幅が狭いため、慶長年間までは管流しといって1本ずつ流す方法がとられていた。その後、木材流送路の改修が進み、宝暦年間(1751~1764)には、再奥の入之波からの筏の流通が可能になった。

明治 1868年
明治維新
 

1894年
日清戦争

1904年
日露戦争

1872年
橋本から五條への上りの川船遡行は一切禁止される。
1892年
大阪鉄道の開通で、奈良・大阪間の物資交流は鉄道主体となり、魚梁船は衰退する。

●水稲作付けの増大により、奈良盆地では再びため池が多く築造される。

1896年
8月、暴風雨による大洪水で五條町の百軒堤が決壊し被害を出す。










(吉野川の筏流し)
大正




昭和

1945年
第2次
世界大戦
終わる











1977年
天理ダムの本体工事完成
1982年
台風10号と低気圧による豪雨で、王寺町葛下川など氾濫する。
王寺町の浸水
(王寺町の浸水)
1987年
初瀬ダムの本体工事完成

1956年
試験通水で吉野川の水が初めて奈良盆地に流れる。
下渕頭首工
(下渕頭首工)
1987年
吉野川分水が完成し、農業用水や水道水が奈良盆地に引き込まれる。

1959年
伊勢湾台風で吉野川流域大きな被害を受ける
東吉野村小川
(東吉野村小川)
1982年
台風10号と低気圧による豪雨で、西吉野村やなせ地区の大規模地滑りで丹生川がせき止められる。

●昭和初年頃までには、本流を下る筏は年間5000筋あったといわれるが、戦後、木材の輸送はトラックや鉄道に代わり、やがて筏流しは消える。
1960年頃
牧の渡し、黒駒の渡しがこの頃まで五條市で運営されていた。
1962年
津風呂ダムが竣工する。

1973年
大迫ダムが竣工する。
 
1987年
吉野川分水が完成する。

平成

1995年
白川ダムの本体工事完成
2006年
岩井川ダムの本体工事完成


2003年
大滝ダムの本体工事完成



【参考図書】

 
●『大和吉野川の自然学』 御所久右衛門・編著
●『定本紀ノ川・吉野川』 中野榮治・監修
●『紀の川-水の歴史街道-』 紀の川水の歴史街道編纂委員会