-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 巻向川(まきむくがわ)

巻7-1088

  歌 碑

   歌

あしひきの 山川(やまがは)の瀬の 響(な)るなへに 
弓月(ゆつき)が嶽に 雲立ち渡る

  作 者 柿本人麿
  意 味 あしひきの山川の瀬音が激しくなるにつれて、弓月が嶽に雲の立ち渡るのが見える。
  所在地 桜井市箸中(車谷)
  揮 毫 鹿兒島寿蔵
  備 考


 

 一覧に戻る