-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 巻向川(まきむくがわ)

巻7-1101

  歌 碑

   歌

ぬばたまの 夜さり来れば 巻向の 川音(かわと)高しも 嵐かも疾(と)き

  作 者 柿本人麿
  意 味 暗闇の夜が訪れて来ると、巻向川の川音が高いことよ。嵐が激しいのだろうか。
  所在地 桜井市穴師(前を巻向川の分流が流れる。)
  揮 毫 武者小路実篤
  備 考


 

 

 一覧に戻る