-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 巻向川(まきむくがわ)

巻7-1269

  歌 碑

   歌

巻向の 山辺(やまへ)とよみて 行く水の 
水沫(みなわ)のごとし 世のひとわれは

  作 者 柿本人麿
  意 味 巻向山のほとりをひびかせて流れ行く水の水沫のようなものだ。生きてある身のわれは。
  所在地 桜井市箸中(車谷)/県道50号(大和高田桜井)線沿い
  揮 毫 市原豊太
  備 考


 
一覧に戻る