-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 初瀬川(はせがわ)

巻10-2222

  歌 碑

   歌

夕さらず 河蝦鳴くなる 三輪川の 
清(さや)き瀬の音(と)を聞かくし良しも

  作 者 未詳
  意 味 夕ぐれごとに河蝦が鳴く三輪川の、清らかな川瀬の音を聞くのはよいことよ。
  所在地 桜井市金屋(初瀬川の北側の堤)
  揮 毫 樋口清之
  備 考

歌碑の隣には、「仏教伝来の地」のひときわ大きな記念碑が立ち、また向こう岸には「海石榴市(つばいち)」の案内板も立てられ、この地の古代の賑わいが偲ばれる。