-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 飛鳥川

巻2-197

  歌 碑

   歌

明日香川 しがらみ渡し 塞(せ)かませば 流るる水も のどにかあらまし  

  作 者 柿本人麿
  意 味

明日香川に塞(せき)を渡してとめたら、流れ去る水も皇女の遠ざかることも、ゆるやかになるにちがいないのに。

  所在地 明日香村岡(飛鳥橋北東のポケットパーク)
  揮 毫 尾崎邑鵬
  備 考


 

  一覧に戻る