-大和の川・万葉歌碑をたずねて-

 吉野川

巻3-375

  歌 碑

 
   歌

吉野なる 夏実(なつみ)の河の 川淀に 鴨ぞ鳴くなる 山蔭にして

  作 者 湯原王
  意 味 吉野の夏実の川の川淀には鴨が鳴いているようだ。山の向こうがわに隠れて。
  所在地 吉野町菜摘(奈良交通バス「菜摘」下車/十二社神社境内)
  揮 毫
  備 考

 

 一覧に戻る