日本の原風景へ
国内外から民家ステイ
 明日香村は、日本で唯一、村が丸ごと保存地区。古都保存法の特例対象地域であり、村の全域が古代史跡の博物館さながら。高松塚古墳や石舞台古墳、亀石など、あまりにも有名な史跡が点在します。さらに棚田が広がるどこか懐かしい里景色も大きな魅力。歴史も風土も村人の手で美しく守られて、次の世代へと受け継がれています。 そして3年前から、この地で新たな取り組みが始まりました。未来を担う子どもたちを対象にした「民家ステイ」です。これまで日本の修学旅行生はもとより、10か国にのぼる海外の学生たちを受け入れてきました。 この取り組みには、農家をはじめ地元事業所や奈良県立大学の学生なども協力。農業・家業体験、日本の歴史文化体験や郷土料理作り、和太鼓体験など魅力あるプログラムで迎えます。窓を開ければ古墳が見える民家もあれば、史跡内に建つ家々も。土の下50cmには古代の遺構が眠る畑もあり、古代ロマンの里ならではの民家ステイが喜ばれています。 日本の原点であり原風景が残る地。だからこそ次の世代へ絆をつなぎ、明日を共に育てていこう。そんな思いを抱いて、訪れる人々を温かくもてなし、迎え入れています。

 

「石舞台古墳を眼下に」

律令国家が誕生した国の始まりの地に、美しい日本の原風景が残る。

昔ながらの囲炉裏鍋を前に、日本文化の温かなもてなしを受けるシンガポールからの学生たち。
受け入れ民家の夫婦とフランス人高校生が入村式を終えて対面。
「お父さん、お母さん、よろしく!」

「明日香ニューツーリズム協議会」

明日香村の地域活性化のため、「民家ステイ」事業に取り組んでいます。最初は田舎暮らしに戸惑った子も別れ際には涙する姿も。感動の体験が子どもたちの成長に役立ち、明日香の未来につながればと活動しています。
談:事務局 下田正寿さん/写真中央
●学校単位での申し込みから、将来的には一般の受け入れも予定。詳細は問い合わせ。
問 明日香ニューツーリズム協議会 TEL 0744-54-1525

<  前回(2013.10月号vol.44)へ     次回(2013.1月号vol.46)へ  >


※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら