森林の伐採及び伐採後の造林の届出制度

一覧にもどる

森林の伐採には届け出が必要です!

 
 自分の山の木なら、自由に伐ってもいい。そんな風に思っている森林所有者の方はいらっしゃいませんか。たとえ自分の山でも、森林を伐採するときは、事前に届け出をすることが法律で義務づけられています。




   届け出の目的 

 「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は、森林の伐採が市町村森林整備計画に従って適切におこなわれるよう、届け出をしていただくものです。
 また、市町村内の森林資源を把握するという大切な役割もあります。 


   届け出の対象となる森林

保安林と保安施設地区を除く民有林(地域森林計画の対象森林)です。
 伐採を行うときは、その目的、樹種、面積、間伐・主伐の別などを問わず、事前に届け出が必要になります。
 ただし、林地開発の許可を受けた森林を伐採する場合は、届け出の必要はありません。また、森林経営計画に基づいた伐採の場合には、事後の届け出となります。


   届け出者

 森林所有者など立木の伐採について権原を持つ者です。
 伐採する者と伐採した後に造林する者が異なる場合は、伐採する者と造林に係わる権限を有する者が連名で届け出ます。

 

   届け出時期

伐採を開始する日の90日から30日前までの間です。



 

   提出先

 森林の所在する市町村長に提出します。


   伐採届出書様式 

伐採及び伐採後の造林届出書
(森林法第10条の8第1項)のダウンロード(PDFファイル 約100KB)


森林経営計画に係る伐採等の届出書
(森林法第15条)のダウンロード(PDFファイル 約70KB)


森林施業計画に係る伐採等の届出書
(旧森林法第15条)のダウンロード(PDFファイル 約10KB)

 

無届けの場合や、変更命令、遵守命令に従わない場合は、
森林法第207条により、100万円以下の罰金に処せられる
場合があります。