第6回異業種交流会・管理職向けセミナー(終了しました)

管理職向けセミナー

第6回異業種交流会

(2月24日報告)

 

1月27日(水曜)に「第6回異業種交流会」を開催し、14名の方にご参加いただきました。

奈良県立医科大学の女性専用外来で診療を務める島本太香子さんを講師にお招きし、講演とグループワークでの交流会を行いました。内容を抜粋してお届けします!

 

第1部 講演

講演の様子
(講演の様子)

島本さんご自身の体験や、女性専用外来での診療の経験を交えつつ、女性のライフステージにともなう心身の変化や女性特有の疾患、セルフケアのポイントをご講演いただきました。
 
 

<講演内容より一部>

  • 肉体的・精神的・社会的な福祉に加え、生きている意味や生きがいも重要な健康の要素。
  • 発症率が男女で大きく異なる病気があり、特に女性はホルモン量の影響を受けやすく、ライフステージによって注意すべき病気・症状が変化する。
  • 健康寿命を引き上げるためにも、女性特有の病気への予防と対策が大切。
  • 自分の体の症状を把握・記録し、不調を感じたら適切な医療機関を受診するのがセルフケアの基本。



第2部 グループワークでの交流会

働きながらのセルフケアをテーマとしたグループワークを通して、参加者同士で交流しました。
島本さんが各グループを回ると、参加者のみなさんからは次々と質問が。講師も交えての賑やかな交流会となりました。
 
グループワークの様子
(グループワークの様子)

 
最後にはグループ発表を行い、各グループから出た意見を共有しました。
「決まった時間に甘いものを食べてリフレッシュする」といった自社のユニークな取組を発表していただいたグループもありました。


<グループ発表より一部抜粋>

  •  女性社員は体調が悪くても表に見せず、我慢している人が多い。生理休暇等の制度も言い出しにくく、使い勝手が悪い。
  •  男性上司には自身の体調のことを伝えづらい。相当の信頼関係ができていないと遠慮してしまう一方で、上司から色々と聞かれるのも辛く、「察してほしい」と思ってしまう。

(講師の島本さんのコメント)
「体調不良を伝えられない社内環境は問題だと思います。伝え方は難しく、どこまで伝えたいかも人それぞれですが、仕組みから見直すことで改善できることもあるのではないでしょうか。」



<参加者アンケートより>

  • なかなか女性同士で身体について話をする機会がないので、同じように悩んでいたり、人によって違う場合もあることがわかった。
  • 健康の定義を自分なりに考えるよい機会になった。
  • 男性上司にこそ、女性の健康課題について知ってほしい。

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


第6回異業種交流会&管理職向けセミナー 開催!

”ヘルスリテラシー”をご存知ですか?健康に関する情報を入手し、適切に活用することです。
ヘルスリテラシーの高い女性社員ほど仕事のパフォーマンスが高いという統計データもあり、企業成長のテーマとしても近年注目されています。
社員も企業も成長していくために、それぞれの立場から、女性の健康について考えてみませんか?

昨年度の様子
(令和元年8月の第3回異業種交流会の様子)
 
 
チラシを見る(pdf 1078KB)

第6回異業種交流会

女性の体は、ホルモン量の変動により大きく変化します。ライフステージにともなう心身の不調は、社内ではなかなか相談しづらく、またしっかり学ぶ機会もないものです。講演や交流会を通して、現在起こっている、または今後起こりうる不調に対処し、いきいきと働き続けるためのセルフケアを学びませんか?

 

日時

令和3年1月27日(水曜)
14時~16時30分

 

対象

なら女性活躍推進倶楽部会員企業・事業所の女性社員
(主に40代以降の方におすすめです)
※倶楽部に未登録の場合は、女性活躍推進課(0742-27-8679)までお問い合わせください

 

内容

いきいきと働き続けるためのセルフケア~女性のライフステージと心身の変化~

 

第1部
講演 [14時10分~15時25分]

[主な内容]

  • 女性ホルモンの変動による、身体の変化や不調を知る
  • 元気に働き続けるためのセルフケアとは

第2部
グループワークでの交流会[15時30分~16時30分]

 

 

 

講師プロフィール

講師の島本太香子さん

奈良県立医科大学 産婦人科 病院助教
奈良大学 副学長・教授・医学博士
島本 太香子さん

産婦人科学・女性医学を専門とし、生活の質の低下の原因となる疾患へのセルフケアのあり方や、各ライフステージの諸症状(月経関連症状、産後うつ、更年期障害など)の発現パターンをジェンダー特性や対人関係構築の心理学的指標から予見してセルフケアに有効活用する可能性を研究。 女性専用外来での診療も務める。

 


共催

損害保険ジャパン株式会社
(県と損害保険ジャパン株式会社は、「連携と協力に関する包括協定」を締結しています。)

 

 

管理職向けセミナー

女性社員の健康について、「本人とはなかなか話しづらい」「どこまで踏み込んでよいものか」とお悩みの管理職の方は多いのではないでしょうか。女性社員に関するヘルスリテラシーを習得し、管理者として部下のパフォーマンスを上げるマネジメント術を学びませんか?

 

日時

令和3年2月3日(水曜)
14時~16時30分

 

対象

県内企業・事業所の経営者・管理職
(女性を部下に持つ男性管理職の方におすすめです)
※倶楽部に興味のある企業の社員もご参加いただけます

 

内容

女性社員のパフォーマンスを上げる要点~今、管理職に必要なヘルスリテラシーとは~

 

第1部
講演 [14時10分~15時10分]

[主な内容]

  • 女性が抱える健康課題に関するヘルスリテラシー
  • 管理職としてのヘルスリテラシー活用術

先進企業の事例発表[15時10分~15時40分]
登壇企業:株式会社ハンナ(健康経営優良法人2020 認証取得)

第2部
グループワークでの交流会[15時45分~16時30分]

 

 

 

講師プロフィール

講師の西山和枝さん

大塚製薬株式会社
ニュートラシューティカルズ事業部 女性の健康推進プロジェクトリーダー
西山 和枝さん

日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア専門薬剤師。女性の健康経営(マネジメント)アドバイザー。 これまで100を超える「女性の健康セミナー」などで講師を務める。

 

会場・アクセス

奈良県コンベンションセンター
会議室206

主要駅からのアクセス

  • 近鉄新大宮駅より徒歩10分
  • JR奈良駅より徒歩15分
  • 近鉄奈良駅、大和西大寺駅からは「ぐるっとバス」が便利です。(「奈良県コンベンションセンター」下車すぐ)

お車でお越しの場合、附属の有料駐車場をご利用いただけます。(30分100円)

注意事項

感染症の拡大や気象警報の発令等により、イベントの内容を変更・中止することがあります。

お問い合わせ

女性活躍推進課
〒 630-8501 奈良市登大路町30

お問い合わせフォームはこちら


少子化対策係 TEL : 0742-27-8603
女性活躍推進係 TEL : 0742-27-8679