第11回若年者ものづくり競技大会入賞

 平成28年8月7日から8日にかけて沖縄県ほかで開催されました第11回若年者ものづくり競技大会(職種:ロボットソフト組込み)に出場された奈良県立奈良朱雀高等学校の2名が見事入賞されました。
 同大会において奈良県からは7度目の出場で、昨年の入賞に引き続き、6大会連続での入賞という快挙を達成しました。
 ついては、入賞選手及び関係者が産業・雇用振興部長を表敬訪問されます。

詳細についてはこちら

◆資格試験合格者発表◆

技能検定・職業訓練指導員試験の得点開示は合格発表日から1ヶ月間となります。
  
 公共職業訓練とは、公共職業能力開発施設が実施する、就職・再就職に必要な知識・技能などを修得するための訓練です。奈良県では、県立高等技術専門校で実施するものと、民間の職業能力開発施設を活用した委託訓練校で 実施する委託訓練とに分かれます。

高等技術専門校実施の訓練科目はこちら (一般のコースの他に、中高年対象や障害者対象コースもあります)
   応募から入校までの流れ
    応募方法

民間教育訓練施設を活用した委託訓練実施科目はこちら
    応募方法と注意事項


民間教育訓練施設を活用した障害者委託訓練の訓練内容はこちら 
   (障害者対象の訓練のうち、「知識・技能習得訓練コース」「実践能力習得コース」「在職者コース」のご紹介です)


その他の職業訓練

≫独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ポリテクセンター奈良で実施する職業訓練
  独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ポリテクセンター奈良でも様々な職業訓練が実施されています。
公共職業訓練(外部リンク)
 再就職を希望する方に、ものづくりを中心とした職業に必要な技能・技術などを身につけるための公共職業訓練です。
求職者支援訓練(外部リンク)
 雇用保険を受給できない方等を対象として、就職に必要な基礎知識から実践までの習得を内容とする職業訓練です。
能力開発セミナー(外部リンク)

 国際的な競争が増す中、人材の育成に取り組む企業が増えています。ポリテクセンター奈良では、こうした企業の人材育成にニーズに応えるため機械、電気、住宅等の分野における実践的な知識・技能を習得するためのセミナーを開催しています。在職中の方の自己のスキル向上にもご利用ください。

≫奈良県内で実施される認定訓練
  事業主や事業主団体が、主にその雇用する者に対して職業訓練を行う場合に、基準に従って県知事から認定を受けることができ、この認定を受けた職業訓練のことを「認定職業訓練」といいます。 
       
  ◆ お問い合わせ
                  奈良県雇用政策課能力開発係
                   TEL 0742-27-8834
                   FAX 0742-27-2319
  
ページの先頭へ戻る

職業訓練指導員試験

○職業訓練指導員試験とは
 職業訓練指導員試験は、職業能力開発促進法第30条の規定に基づき、職業訓練指導員としての資格を得るために行うもので、合格者には、別に行う申請により、職業訓練指導員免許証が交付されます。


★9月実施の指導員試験について
○平成29年度の試験情報
  試験情報については詳細が決定次第、随時更新致します。


★随時実施(全科目免除者対象)の指導員試験について
職業訓練指導員試験(全科目免除者)について  をご覧ください。

○受験申請書は下部からダウンロードできます。
 受験申請書(全科目免除者) ※両面印刷をしてご利用ください。
 
※注意点
・随時実施の試験の受験資格は、実技試験及び学科試験の全部が免除される方となります。


★職業訓練指導員免許の取得について

 公共職業能力開発施設や認定職業訓練施設で、訓練の指導にあたる人のことを職業訓練指導員といいます。免許の取得には、職業訓練指導員試験の合格が必要です。免許を取得する場合は、申請が必要となります。
 指導員免許の取得方法(クリックしてください。)



○お問い合わせ先
奈良県 雇用政策課 能力開発係
TEL  0742-27-8834
 


平成28年度前期技能検定試験における不適切事案の発生について

 

平成28年11月14日
 

      平成28年度前期技能検定試験における不適切事案の発生について(第2回)

 平成28年8月28日(日)に実施した技能検定試験の一部において、不適切な事案が発生しました。概要については、下記のとおりです。
 対象となった受検者の皆様には、追試験を受検いただき、本日その合格発表をしたところです。
 今回の不適切事案発生の原因は、会場準備段階での確認作業が不充分だった点にあることから、今後は試験実施体制を見直し、複数名での確認作業を徹底することにより再発防止に努めてまいります。
 対象となった受検者の皆様には、大変なご迷惑をおかけし、あらためてお詫び申し上げる次第です。
                                        記
1.概要
 (1)試験日      平成28年8月28日(日)
 (2)職種(作業)等  金属熱処理(一般熱処理作業)実技試験(判断等試験)
 (3)等級       1級
 (4)対象となる受検者 奈良女子大学N302教室で受検された42名
 (5)事案内容     解答に必要な定規を上記会場のみ準備せずに試験を実施

2.参考
  技能検定試験は、職業能力開発促進法第46条第4項の規定により、奈良県職業能力開発
 協会が実施

技能検定

   技能を一定の基準によって評価することにより、働く人々の地位の向上を図ることを目的として実施されるもので、合格者は300万人を超え、確かな技能の証となっています。


 ≫詳しくはこちらから
   合格証書の再交付をするには
   技能士章の再交付をするには
   合格証明書を発行するには

ものづくり人材データバンク

奈良県内の小・中学校に技能士などものづくりに携わる方を派遣し、「ものづくり教室」や「職業 人トーク」などを展開する「やまと熟練技能者活躍バンク」や県内の中小企業等での人材育成に貢献できる技能者の方々を登録する「高度熟練技能者バンク」を公開しています。

  各ページでは、活躍バンクの活用事例も紹介しています。

     やまと熟練技能者活躍バンク  (小・中学生向け)
     高度熟練技能者バンク (工業高校等、企業・事業所向け)

技能競技大会

技能士が目標を持ち、その技能の一層の向上を図るとともに、ものづくり技能の素晴らしさ・重要性を、若者をはじめとした社会に広めるため、各種技能競技大会を支援しています。

     技能五輪
     障害者技能競技大会
  若年者ものづくり競技大会
     その他の技能競技大会
       

技能者・功労者の表彰制度

≫技能者表彰制度
  「ものづくり」に関して顕著な功労のある技能者の方々を表彰することで、技能者の地位を向上させ、技能尊重の気運を醸成し、県全体の産業の発展を図っています。

     奈良県卓越技能者表彰
     厚生労働大臣卓越技能者表彰 (現代の名工)
     黄綬表彰

≫功労者表彰制度
   職業訓練や技能検定の実施を通じ、民間の職業能力開発に顕著な業績を挙げてこられた方々に対し、その努力に報いるとともに、職業訓練及び技能検定の振興と発展を図ります。

     奈良県技能検定功労者表彰
     厚生労働大臣技能検定功労者表彰
     職業能力開発行政関係功労者厚生労働大臣表彰
  
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る