奈良県立美術館

museum_top

〒630-8213 奈良市登大路町10-6

TEL 0742-23-3968 / FAX 0742-22-7032

→ 公式Facebook → 公式ツイッター(→ SNS運用方針はこちら

→ 交通案内 → 利用案内 

新着・更新情報

講演会(5月22日)と美術講座(6月12日)の申し込み方法

「寿ぎのきもの ジャパニーズ・ウェディング―日本の婚礼衣裳―」 関連事業
講演会・美術講座 申込方法

※講演会(5月22日)、美術講座(6月12日)、いずれも申し込み受付は終了しましたので、ご了承ください。


○講演会概要:
1)日程:5月22日(日)14時~(約1時間半)
2)講師:長崎 巌(共立女子大学教授・同大学博物館長・本展監修)
3)演題:「近世・近代の婚礼衣裳 ―色と模様に見られる日本人の価値観―」
4)会場:当館レクチャールーム
5)定員:50名(要事前申し込み・先着順)
6)聴講は無料、ただし観覧券が必要です

○美術講座概要:
1)日程:6月12日(日)14時~(約1時間半)
2)講師:飯島礼子(当館主任学芸員)
3)演題:「“幸福”を表す模様あれこれ―婚礼衣裳と袱紗を例に」
4)会場:当館レクチャールーム
5)定員:50名(要事前申し込み・先着順)
6)聴講は無料、ただし観覧券が必要です

○申し込み方法:

参加の申し込みは4月23日(土)から受け付けます。奈良県立美術館まで、Eメール(museum@mahoroba.ne.jp)または電話(0742-23-3968) でお申し込みください。事務所はお電話には午前9時から対応いたします。先着順に受け付け、定員に達し次第受付を終了します


Eメールには次の内容をご記入の上、送信してください。1件につきご本人1名・同伴者1名、あわせて2名様までのお申し込みを受付します。
1)件名に「奈良県美 展覧会関連事業参加希望」と記入
2)本人氏名、ふりがな 
3)同伴者氏名、ふりがな ※同伴者ありの場合
4)電話番号
5)参加を申し込む催しの名称と日にち

○申し込み後の流れ
[Eメールでお申し込みの場合]
参加申し込みのEメールを確認後、当館から受付完了のメールを返信します。当館からのメール(museum@mahoroba.ne.jp)が受信できるよう、受信設定をご確認ください。
お申し込みから3日を経過しても受付完了のメールが届かない場合は、メールの受信トラブルの可能性があります。お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

[電話でお申し込みの場合]
電話でのお申し込みの方には、後日ハガキで聴講のご案内を送付しますので、必ず住所をお知らせください。
各イベントの3日前、講演会→5月19日(木)、美術講座→6月9日(木)までに当館からの聴講案内ハガキが届かない場合、当館までお問い合わせください。

※イベント当日の受付にてお名前を確認いたしますので、ご本人様、同伴者様のお名前を必ずご記入下さい。
※聴講できるのは申し込みをされた参加者ご本人、同伴者に限ります。代理の方による参加はできません。

○個人情報の取り扱いについて
提供いただきました個人情報は、奈良県個人情報保護条例に従い、安全かつ適切に管理・利用し、本講座を目的とする以外は使用いたしません。


■次回の展覧会

7月16日(土)~8月28日(日)●企画展「美術・解体新書 奈良県立美術館所蔵名品展《夏》」

→ プレスリリース(pdf)

 kaitai_web

 当館では、主に中世から現代までの日本の美術工芸品約4,300件を所蔵し、展示・公開しています。これらの作品は、単に姿形が美しいというだけでなく、様々な時代や地域の歴史や文化を知る手立てとなり、作品を通して多様な感性や価値観に触れることができます。しかし一方で、美術特有の専門用語や、美の範疇では捉えきれない表現方法などにより、「美術」にはしばしば難解なイメージがつきまとい、理解や鑑賞の妨げとなっています。
「美術・解体新書」と題した本展では、当館の所蔵品・寄託品の中から選りすぐりの名品をご覧いただくと同時に、素材や技法、主題といった基本的な事柄から、制作背景や意図、意味や目的など、作品を理解する上で役に立つような知識や情報をわかりやすく解説し、その魅力と特徴を紹介します。本展が鑑賞の手引きとなり、より多くの方々に美術に親しんでいただく機会となれば幸いです。

◆展示構成と主な出品作品
0 はじめにー「美術」ってナニ?
「美術」は明治時代につくられた言葉ですが、今日、その表すところは様々です。
美術とは一体何でしょう? 本展を通じて考えてみましょう。
・歌川芳藤《唐の子がよりかたまって人になる》江戸時代(19世紀)
・普門暁《化粧》大正7年(1918)
1. 前編―「美術」以前
今日とは異なる環境や慣習のもとで生まれた江戸時代以前の作品を中心に、日本美術と世界、宗教、文学、芸能、歴史、生活、社会の7つのテーマから展示し、素材や技法、表現といった基本的な事柄から制作背景や意図、意味や目的など、様々な視点からその魅力と特徴を紹介します。
・《加彩婦女俑》中国・唐時代
・《洛中洛外図屏風》江戸時代(17世紀)
2. 後編-「美術」以後
「美術」とともに「絵画」「彫刻」「工芸」といったジャンルが確立し、さらに多様な価値観のもとで既存の枠組みを打ち破るような芸術活動が展開された明治時代以降の作品を、日本美術の誕生(日本画・洋画・彫刻)、展開(平面・立体)、源流(工芸)の3つのテーマから展示し、鑑賞のポイントを紹介します。
・久米桂一郎《清水秋景図》明治26年(1893) 
・上村松園《春宵》昭和11年(1936)
・柳原義達《犬の唄》昭和36年(1961) 
・富本憲吉《楽焼 草花模様 蓋付壺》大正3年(1914)

●前期:2022年7月16日(土)~8月7日(日)
●後期:2022年8月9日(火)~8月28日(日)
*会期中、一部の作品を入れ替え展示します
●開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
●休館日:月曜日、ただし7月18日(月・祝)は開館、19日(火)は休館
●観覧料:一般400(300)円、大学生・高校生250(200)円、中学生・小学生150(100)円
*(  )内は20名以上の団体料金
*次の方は無料でご観覧いただけます。
・65歳以上の方、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳(アプリを含む)をお持ちの方と介助の方1名
・教職員に引率された奈良県内の小中高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
 なお、7/30(土)~8/7(日)の期間、県内在住または在学する小中学生は無料です
・毎週土曜日は県内外問わず、小中高生及びこれに準ずる学校の児童・生徒
・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方

【会期中のイベント】
◆講演会「デジタルで体験する美術」
講師:山田修氏(奈良県立大学 地域創造研究センター 特任教授) 
日時:8月28日(日)14時~ 会場:レクチャールーム 
◆美術講座「美術ってナニ?」
講師:当館学芸員 
日時:8月7日(日)14時~ 会場:レクチャールーム 
◆ギャラリー・トーク 
担当:当館学芸員 
日時:7月23日(土)、8月20日(土)14時~ 会場:展示室
*イベントへのご参加には観覧券が必要です。
*講演会と美術講座は定員:先着50名(当日13時より当館受付にて整理券を配布します)
*状況により変更する場合があります。最新情報は当館ホームページでご確認ください。
*新型コロナウイルス感染防止の観点から、ご来館の際は検温・手指消毒などにご協力ください。
--------------------------
主催・会場:奈良県立美術館
後援:NHK奈良放送局、奈良テレビ放送、奈良新聞社、西日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社<予定>
--------------------------
◆同時開催・1Fギャラリー展示(入場無料)
連携展示:龍田古道と亀の瀬

主催:日本遺産「龍田古道・亀の瀬」推進協議会  



お問い合わせ

県立美術館
〒 630-8213 奈良市登大路町10-6

お問い合わせフォームはこちら


県立美術館 TEL : 0742-23-3968