鳥獣保護について



 うだ・アニマルパーク内に設置されている鳥獣保護施設は、(社)奈良県獣医師会「救護獣医師」、「保護しようボランティア」と県が協働して、傷病鳥獣を野生復帰させるための保護施設です。

 傷病鳥獣の保護については上記の3者が役割分担し、協働して実施しています。

 傷病鳥獣を発見された場合は、まず、県(農業水産振興課)または市町村にご連絡ください

 うだ・アニマルパークでは、鶏、羊、ヤギ等の動物を飼育しており、搬入される傷病鳥獣からの病気の伝搬を防ぐため、アニマルパークに搬入される前に必要な検査を実施しています。また、一時治療は実施できません。

 うだ・アニマルパークに直接、傷病鳥獣を連れて来て頂いても、お預かりすることはできませんのでご注意ください。



リンク

農業水産振興課鳥獣対策係  TEL 0742-27-7480

傷病鳥獣救護の流れ

傷病野生鳥獣保護飼養ボランティア制度

ヒナを拾わないで(ヒナを拾うのは誘拐です。)

野鳥の鳥インフルエンザ対策(死亡野鳥をみつけたら)