奈良県内には長い歴史の中で培われた、優れた伝統工芸品が数多く伝えられていて、私たちの生活に豊かさと潤いを与えてくれています。

このコーナーでは、国及び県指定伝統的工芸品ほか、奈良を代表する伝統工芸品を紹介します。

高山茶筌(たかやまちゃせん)


室町時代、大和鷹山(現生駒市)城主の次男、鷹山民部丞(たかやまみんぶのじょう)入道宗(にゅうどうそう)砌(ぜい)が現在の形を初めて作ったといわれ、村田珠光から千利休へと茶道の隆盛とともに茶筌作りが盛んとなりその技術が代々伝承されてきました。

続きを読む


室町時代、大和鷹山(現生駒市)城主の次男、鷹山民部丞(たかやまみんぶのじょう)入道宗(にゅうどうそう)砌(ぜい)が現在の形を初めて作ったといわれ、村田珠光から千利休へと茶道の隆盛とともに茶筌作りが盛んとなりその技術が代々伝承されてきました。


続きを読む

奈良筆(ならふで)


僧空海が中国から筆の製法を持ち帰り、奈良で製造されるようになったのが始まりといわれています。
毛質に応じて配分・寸法を決めて混ぜ合わせ、毛組みに時間をかける「練り混ぜ法」により、穂先の仕上がりに絶妙の味がある高級毛筆が作られています。

続きを読む


僧空海が中国から筆の製法を持ち帰り、奈良で製造されるようになったのが始まりといわれています。
毛質に応じて配分・寸法を決めて混ぜ合わせ、毛組みに時間をかける「練り混ぜ法」により、穂先の仕上がりに絶妙の味がある高級毛筆が作られています。


続きを読む
  

笠間藍染(かさまあいぞめ)


大和絣や大和木綿の染色は古くから行われていました。
化学繊維の普及や生活環境の変化で急激に衰退しましたが、現在でも全国的に数少ない天然藍建による糸染、布染が笠間で継承されています。

続きを読む


大和絣や大和木綿の染色は古くから行われていました。
化学繊維の普及や生活環境の変化で急激に衰退しましたが、現在でも全国的に数少ない天然藍建による糸染、布染が笠間で継承されています。


続きを読む

高山茶道具(たかやまちゃどうぐ)


生駒市高山町で茶筌と同じく茶道具が生産されています。
竹の優美さと弾力性を素材に生かした柄杓、茶杓、花生などの茶道具類が伝統技術により、仕上げられています。

続きを読む


生駒市高山町で茶筌と同じく茶道具が生産されています。
竹の優美さと弾力性を素材に生かした柄杓、茶杓、花生などの茶道具類が伝統技術により、仕上げられています。


続きを読む
前の一覧へ  

奈良一刀彫(ならいっとうぼり)


奈良人形ともいわれています。桧、桂、楠等を素材として、ノミで豪快に彫り上げた上に、金箔や岩絵具等で極彩色を施しているのが特徴です。
能楽、舞楽、鹿、十二支、ひな人形などを題材とした魅力ある作品が作られています。

続きを読む


奈良人形ともいわれています。桧、桂、楠等を素材として、ノミで豪快に彫り上げた上に、金箔や岩絵具等で極彩色を施しているのが特徴です。
能楽、舞楽、鹿、十二支、ひな人形などを題材とした魅力ある作品が作られています。


続きを読む

奈良漆器(ならしっき)


奈良漆器の特徴である螺鈿は、夜光貝、アワビ貝、チョウ貝などを模様の形に切り、桧木地に貼り、漆で埋めて研ぎ出すという、漆芸の加飾技法の一つです。
現在、伝統的な螺鈿技法を主として、硯箱、宝石箱、文箱などが作られています。

続きを読む


奈良漆器の特徴である螺鈿は、夜光貝、アワビ貝、チョウ貝などを模様の形に切り、桧木地に貼り、漆で埋めて研ぎ出すという、漆芸の加飾技法の一つです。
現在、伝統的な螺鈿技法を主として、硯箱、宝石箱、文箱などが作られています。


続きを読む

奈良墨(ならすみ)


奈良墨は室町期に興福寺二諦坊で持仏堂の灯明の煤を集め、これに膠を混ぜてつくったのが始まりです。
墨づくりは毎年十月中旬から翌年四月下旬までの寒期に行われ、全国の書道家、水墨画家等に対し供給しています。

続きを読む

<
奈良墨は室町期に興福寺二諦坊で持仏堂の灯明の煤を集め、これに膠を混ぜてつくったのが始まりです。
墨づくりは毎年十月中旬から翌年四月下旬までの寒期に行われ、全国の書道家、水墨画家等に対し供給しています。


続きを読む

面(めん)


法隆寺、東大寺に現存する伎楽面・舞楽面などの優れた古楽面、室町時代に完成された能、狂言面が鑑賞用に作られてものです。
パルプ、土、可塑性樹脂などを石膏型、シリコン型で製作するものあるいは天然木の桧・桐を使用し、仏像面や能面を製作する木彫面があります。

続きを読む


法隆寺、東大寺に現存する伎楽面・舞楽面などの優れた古楽面、室町時代に完成された能、狂言面が鑑賞用に作られてものです。
パルプ、土、可塑性樹脂などを石膏型、シリコン型で製作するものあるいは天然木の桧・桐を使用し、仏像面や能面を製作する木彫面があります。


続きを読む