奈良県立美術館

museum_top

〒630-8213 奈良市登大路町10-6

TEL 0742-23-3968 / FAX 0742-22-7032

→ 公式Facebook → 公式ツイッター(→ SNS運用方針はこちら

→ 交通案内 → 利用案内 

新着・更新情報

3月20日開催アートコミュニケーションプログラム(対話型鑑賞会)申込方法

企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」関連催事として行うアートコミュニケーションプログラム(対話型鑑賞会)の概要と参加申込方法は下記ですので、よろしくお願いいたします。

※PDF版はここをクリック(pdf 463KB)

○イベント概要
1)日程:
《1》3月20日(日)10時~(中学生以下対象)
《2》3月20日(日)13時30分~(高校生以上対象)
2)講師:
《1》春日美由紀氏(京都芸術大学アートコミュニケーション研究センター研究員)
《2》京都芸術大学アートプロデュース学科学生
3)イベント名:「奈良県立美術館の対話型鑑賞会」
4)会場:当館レクチャールーム
5)定員:各15名(応募者多数の場合は抽選により決定)
6)聴講は無料、要当日の観覧券。

○申し込み方法
参加の申し込みは2月5日(土)から受け付けます。奈良県立美術館まで、Eメール(museum@mahoroba.ne.jp)または電話(0742-23-3968) でお申し込み下さい。応募者多数の場合は抽選により決定いたします。
申し込みの締め切りは3月7日(月)です

Eメールには次の内容をご記入の上、送信して下さい。1件につき、あわせて2名様(お申込者、同伴者1名)*1までのお申し込みを受付いたします。抽選の場合、同伴者も含めた2名を1件として抽選いたします。
1)件名に「奈良県美 アートコミュニケーションプログラム参加希望」と記入
2)参加希望者氏名、ふりがな 
3)同伴者(日程《1》の場合、参加希望者)氏名、ふりがな ※同伴者ありの場合
4)保護者氏名、ふりがな ※日程《1》の場合
5)住所 ※ハガキで結果通知のため、必須です
6)電話番号・Eメールアドレス
7)参加を希望する日程種別(《1》、《2》)
*1 日程《1》の場合はお申し込み1件につき、中学生以下の2名様のお申し込みができます。

○当選・落選の通知
申し込み締め切り後直ちに抽選(※応募者多数の場合)を行い、美術館から当選、または落選をハガキにて通知いたします。

※イベント当日の受付にてお名前の確認をさせて頂きます。
※当選・落選にかかわらず、ハガキでの結果通知となりますので、必ず住所をご連絡ください。
※聴講できるのは申し込みをされたご本人、同伴者に限らせていただき、代理の方による参加はできません。
※各イベントの3日前(3月17日(木))までに当館からの通知が無い場合、当館までお問い合わせください。

○個人情報の取り扱いについて
提供いただきました個人情報は、奈良県個人情報保護条例に従い、安全かつ適切に管理・利用し、本講座を目的とする以外は使用いたしません。

奈良県立美術館


ご来館にあたっては コロナウイルス感染症拡大防止策(pdf) へのご理解・ご協力をお願いいたします。 なお、ご来館の日時指定予約制は導入しておりません。




■開催中の展覧会

11月26日(土)~12月25日(日)●企画展「絵画のたのしみ 奈良県立美術館所蔵名品展《冬》」

→ プレスリリース(pdf)

2020_winter_web

前衛絵画を愛したコレクターのまなざしを通して感じる、絵画のたのしみ。
 奈良県立美術館はこれまで吉川コレクション・由良コレクションといった特色ある個人コレクションを多数ご寄贈いただいてきました。今回は、1950~70年代の前衛絵画を収集した大橋コレクションを中心に展覧いたします。
 《好きなもの》を集めてコレクションする対象は美術に限らずいろいろありますが、見る人によっては「これはちょっとわからない」という抽象絵画・前衛美術を好んで集めるコレクターもいます。関西の実業家で化学者であった大橋嘉一(1896-1978)はまさにそんな一人です。本展では、一人のコレクターによる《絵画を見るたのしみ》と《絵画を集めるたのしみ》を感じていただきながら、第二次世界大戦を経て大きく変容していく1950~60年代美術の一端に触れていただくものです。
 大橋氏は創業者・経営者(大橋化学工業株式会社)として活躍するかたわら、1950年代後半から1970年代初めにかけて日本の現代美術を積極的に収集しました。一方、1953年に東京藝術大学へ寄附をして「大橋賞」を設置し、画家を目指す学生の支援も行うなど、コレクターとしてもパトロンとしても日本の美術を支えました。日本を代表する美術批評家の一人、針生一郎も著書の中で「見識と信念をもったコレクター」として大橋嘉一を紹介しています。約2,000点のコレクションは、遺族のご好意により奈良県立美術館、大阪の国立国際美術館、そして氏の母校である京都工芸繊維大学に分割して寄贈され、当館では500点余りを収蔵しています。今回はその中から選んだ約100点に、それ以外の当館所蔵品も少し加え、下記の構成で展示いたします。

【第1展示室】画家とコレクター:白髪一雄と大橋嘉一
【第2展示室】1950~60年代:様々な前衛
【第3展示室】彫刻家が「描く」
【第4展示室】男もすなる前衛絵画といふものを…
【第5展示室】「日本画」をさがして

 → 出品作品リスト(pdf)

image_1

左:白髪一雄《作品》1961年 右:白髪一雄《諸仏舌相》1974年

image_2

左:桂ゆき《亀》1955年 右:小野具定《ある風景》制作年不詳

●会期:2022年11月26日[土]─12月25日[日]
●開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
●休館日:月曜日
●観覧料:一般400(300)円、大学生・高校生250(200)円、中学生・小学生150(100)円
*(  )内は20名以上の団体料金
*次の方は無料でご観覧いただけます。
・65歳以上の方、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳(アプリを含む)をお持ちの方と介助の方1名
・教職員に引率された奈良県内の小中高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
・毎週土曜日は県内外問わず、小中高生及びこれに準ずる学校の児童・生徒
・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方

【会期中のイベント】
◆講演会
「白髪一雄と関西の前衛」
講師:平井章一氏(関西大学教授)
日時:12月11日(日)14時~ 
会場:レクチャールーム 
定員:先着50名(当日13時より当館受付にて整理券を配布します)
◆ギャラリートーク
担当:当館学芸員
日時:12月3日(土)、24日(土)いずれも14時~ 
会場:展示室
*イベントへのご参加には観覧券が必要です。
*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためのご協力をお願いいたします。状況により、イベントの実施・内容を変更する可能性があります。
--------------------------
主催・会場:奈良県立美術館
後援:NHK奈良放送局、奈良テレビ放送、奈良新聞社、西日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社
--------------------------
◆同時開催・NPO法人文化創造アルカによる連携展示
《きたまち2022~「きたまちといろ」と「インカレ」~》
1階ギャラリー・入場無料


  


お問い合わせ

県立美術館
〒 630-8213 奈良市登大路町10-6

お問い合わせフォームはこちら


県立美術館 TEL : 0742-23-3968