奈良県立美術館

museum_top

〒630-8213 奈良市登大路町10-6

TEL 0742-23-3968 / FAX 0742-22-7032

→ 公式Facebook → 公式ツイッター   →公式Instagram (→ SNS運用方針はこちら

→ 交通案内 → 利用案内 

■奈良県立美術館開館50周年記念特別展プレイベント

「仮面芸能のふるさと奈良

2023年3月4日・5日 奈良春日野国際フォーラム 甍 能楽ホールにて


プレスリリース(PDF)(pdf 715KB)

特設サイト:LMS

仮面芸能のふるさと奈良チラシ表

わが国は、先史時代から連綿と続く仮面芸能が生きづく希有な文化を持っています。
縄文時代の土面に始まり、奈良時代に百済から伝わった伎楽や、大陸から伝来し平安時代に集大成された雅楽・舞楽。また曲芸的な散楽、水田耕作と密着した田楽。その淵源が謎に包まれた予祝舞・翁舞や、中世に大和国において猿楽から発展した能狂言へとつながります。
奈良県立美術館は、この3月に開館50周年を迎えます。これを記念して「仮面芸能のふるさと奈良」と題し、奈良に関係する仮面芸能の公演とトークイベントを企画しました。日本の仮面芸能の歴史や面白さを体感していただきます。

日時:2023年3月4日(土)、5日(日)
両日とも12時45分~16時00分(予定)開場12時(予定)
会場:奈良春日野国際フォーラム甍能楽ホール
主催:奈良県立美術館
助成:一般財団法人 地域創造
後援:NHK奈良放送局 奈良テレビ放送 奈良新聞社 西日本旅客鉄道株式会社 近畿日本鉄道株式会社 奈良交通株式会社 奈良県教育委員会

■出演団体とプログラム
◎3月4日(土)

・平成伎楽団 大和西瓜 茂山千三郎師ほか
・基調講演「仮面の魔力」
講師:宮本圭造氏(法政大学能楽研究所教授)
・トークイベント「仮面芸能のふるさと奈良」
登壇者:岡本彰夫氏(奈良県立大学客員教授)、大倉源次郎氏(能楽囃子方大倉流小鼓十六代宗家)、宮本圭造氏、籔内佐斗司(当館館長)
トークナビゲーター:桂吉坊氏(上方落語協会)
・石見神楽 ヤマタノオロチ 有福神楽保持者会

◎3月5日(日)
・舞楽 蘭陵王 南都楽所
・鬼剣舞 一人加護・カッカタ・八人加護 京都鬼剣舞
・金春流 能 翁 金春穂高師ほか

【チケット販売について】
詳しくは特設サイトをご覧ください。

観覧料金(前売・税込)
*一般:2500円(各日)、5000円(両日)
*大学・高校生:500円(各日)、1000円(両日)
※中学生以下の児童生徒の方は無料席券を下記LMSからご予約ください。

・LMS 03-6912-0945(平日10時~18時)
・チケットぴあ Pコード 516-397 *購入はインターネットおよびコンビニ店頭端末をご利用ください。
・奈良春日野国際フォーラム甍 窓口販売

【関連イベント】
奈良県立美術館50周年記念関連事業『大和の伝統芸能』 2月12日(日)開催(奈良県立万葉文化館にて)

 


改修工事のため奈良県立美術館は3月末まで休館いたします


新着・更新情報

改修工事休館と開館50周年記念特別展プレイベント

*改修工事のため奈良県立美術館は3月末まで休館いたします。

*休館中の3月4日・5日、開館50周年記念特別展プレイベントとして「仮面芸能のふるさと奈良」を春日野国際フォーラム「甍」能楽ホールで開催いたします。

*奈良県立美術館はおかげさまで2023年が開館50周年になります。4月以降の展覧会・イベントにつきましては3月に発表する予定ですので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

県立美術館
〒 630-8213 奈良市登大路町10-6

お問い合わせフォームはこちら


県立美術館 TEL : 0742-23-3968