地域包括ケア推進室

お知らせ

令和元年度高齢者虐待の状況について

  令和元年高齢者虐待の状況について

 

  「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」第25条の規定に基づき、令和元年度における県内の高齢者虐待の状況を公表します。

<概要>

1.養介護施設従事者による虐待             

 (介護保険施設、介護サービス事業所に従事する者による虐待)

  虐待の事実が認められた事例は、15件だった。(前年度8件)

  ○ 被虐待者の性別は、「男性」が5人、「女性」が9人だった。

   ※被虐待者を特定できない事例があるため、虐待判断件数と被虐待者数は一致しない。

 ○ 被虐待者の年齢は、「70~79歳」が2人、「80~89歳」が6人、「90~99歳」が4人、「100歳以上」が

   1人、「65歳未満障害者」が1人だった。

 ○ 被虐待者のうち、13人が認知症だった。

 ○ 虐待の種別・類型は、「身体的虐待」が10人、「心理的虐待」が5人、「介護等放棄」が2人の順だった(重複あり)。

  ○ 養介護施設等の種別は、「特別養護老人ホーム」が8件、「介護老人保健施設」、「認知症対応型共同生活介護」及び「養

    護老人ホーム」が各2件、「(住宅型)有料老人ホーム」が1件の順だった。


2.養護者による虐待

 (高齢者の世話をしている家族、親族、同居人などによる虐待)

  虐待の事実が認められた事例は、139件だった。(前年度100件)

  ○ 被虐待者の性別は、「男性」が22.2%、「女性」が77.8%だった。

  ○ 被虐待者の年齢は、約5割が80歳以上だった。

  ○ 虐待の種別・類型は、「身体的虐待」が70.1%と最も多く、次いで「心理的虐待」(30.1%)、

    「介護等放棄」(20.1%)、「経済的虐待」(17.4%)の順だった(重複あり)。

  ○ 要介護認定を受けている被虐待者のうち、約4割が要介護3以上であり、約9割が認知症だった。

  ○ 被虐待者から見た虐待者の続柄は、「息子」が43.7%と最も多く、次いで「夫」(22.5%)、

    「娘」(15.9%)順だった。また、9割以上の被虐待者が虐待者と同居だった。

 

   ※ 調査結果の詳細は、地域包括ケア推進室のホームページに掲載しています。

     地域包括ケア推進室ホームページ: http://www.pref.nara.jp/52093.htm

高齢者の皆さまへ(新型コロナウイルス感染症対策に関連した高齢者の健康づくりについて)

●外出自粛されている高齢者の健康づくりに関するチラシやリーフレットについて、奈良県の専門職団体にご提供いただきました。

下記PDFをダウンロードしてご活用下さい。

 

【奈良県理学療法士協会作成】

生活不活発病予防のすすめ(pdf 646KB)

 

【奈良県作業療法士会作成】

生活不活発病予防(1)(pdf 220KB)

手指衛生&生活不活発予防(2)(pdf 633KB)

お家で認知症予防(pdf 535KB)

 

【奈良県栄養士会作成】

【表紙】免疫力アップの簡単料理(pdf 307KB)

【レシピ集】免疫力アップの簡単料理(pdf 226KB)

 

【奈良県歯科衛生士会作成】

健康ライフはお口から(pdf 370KB)

口腔機能対策(pdf 303KB)

 

 

 

●新型コロナウイルス感染症への対応について 関連情報【厚生労働省】

感染予防について・日々の健康を維持するために・他の自治体の取組・通いの場の再開に向けて 等

 

新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者の皆さまへ)

(いきいき百歳体操の動画が配信されています)

 

地域がいきいき集まろう!通いの場-おすすめ情報や交流などの動画やリーフレットの紹介-

 

 

新型コロナウイルス感染症禍での運動・スポーツの実施について【スポーツ庁】

人との接触を避けて外出を自粛することにより、

筋量・筋力の低下、歩行速度の低下、認知機能の低下などによる、転倒、骨折、寝たきり、持病の悪化、認知症の発症などの

健康二次被害がおこりやすくなります。

健康な高齢者が2週間家の中であまり動き回らないようにすると、脚の筋肉量が3.7%減少したという報告もあります。約3.7年分の老化に相当!

 

新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と運動事例について

 

Withコロナ時代に、運動不足による健康二次被害を予防する為に

 

 

 

●健康のため、こまめに水を飲みましょう。【厚生労働省】

体の中の水分が不足すると、熱中症(ねっちゅうしょう)、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)など、さまざまな健康障害のリスク要因となります。これら脱水による健康障害などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。

※冬場も水分が必要です。 マスクを着用していても、意識してこまめに水分補給を行うようにしましょう!

「健康のため水を飲もう」推進運動

 

 

冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意下さい!【消費者庁】

-自宅の浴槽内での不慮の溺水事故が増えています-

高齢者の入浴中の事故を防ぐためのアドバイス

 

 

 

●熱中症にご注意ください!!   下記PDFをダウンロードしてご活用ください。

「熱中症」は高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内でも何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

※マスクを着用していても意識してこまめに水分補給を行うようにしましょう!

令和2年度の熱中症予防行動について 【環境省・厚生労働省作成】(pdf 669KB)

 

お問い合わせ

地域包括ケア推進室
〒 630-8501 奈良市登大路町30

お問い合わせフォームはこちら


包括ケア推進係 TEL : 0742-27-8540