大和野菜

TOPページへ

  • 伝統野菜のページです
  • こだわり野菜のページへ
  • レシピ集へ
  • 資料のページへ
  • Q&Aのページへ

大和の伝統野菜とは…

戦前から奈良県内で生産が確認されている品目

千筋(せんすじ)みずな

調理法
鍋物、サラダ 等
生産地
曽爾村、御杖村、奈良市 他

写真:千筋みずな

奈良では、古くから水田の裏作として栽培されてきた。葉が細くシャキシャキとした歯ごたえが特徴。昔は大株のものが中心で鯨と炊くハリハリ鍋の具材として親しまれたが、近年は、サラダ用として小株のものが主流となってきている。